効果的なキーワード

キーワードの特徴! なぜ、インプラント+地域名?

是非知っておいていただきたいのですが、検索の目的は大きく、「興味・関心」「情報収集目的」「購買目的」に分けられ、どれに合わせたキーワードを選ぶかが重要です。 ただ検索表示を上位にあげるSEOではなく、集客率の高い検索効果を求めるSEO対策を施すのであれば、この「購買目的」キーワードで対策するのが理想です。

  • 『興味・関心』
     漠然としたもので、なんとなく気になるものの情報を取集するときなど
  • 『情報収集目的』
     ある目的に対する内容、データー、情報、知識を得るときなど
  • 『購買目的』
     購入、行動意欲などの、目的に合った内容の情報を得るときなど

集客を狙うキーワード
上記図の様に、ビッグキーワードはたしかに検索回数は多いが、「上位表示難易度が高い」「損益分岐点が高い」「成約率が低い」などのデメリットがあります。それに対して、ユーザーのニーズが具体的である「情報収集目的キーワード」や「購買目的キーワード」の複合ワードは、検索回数はビックワードより低くても、顧客の目的に合わせることで収益につなげる効果的なSEOであると言えます。
店舗などへの集客を考えると、全国展開している場合を除き、ビッグキーワードで全国のお客さんに露出してもあまり意味がありません。エリア限定の商法が効果的であり、店舗への集客の場合は特に、「地域キーワード」を組み合わせることが費用対効果を上げるSEO対策の上手な活用方法となります。
例として、新宿でネイルサロンを運営されているお客様には、どのようなキーワードが効果的なのかご紹介致します。アクセス増を狙うのであれば、ミドルキーワードの「ネイルサロン 新宿」が検索ボリューム数があり、ユーザーの的を絞っているためお奨めです。「激安 ネイルサロン 新宿」は意識の高いユーザーの獲得が出来ます。
スモールキーワードでのSEOを増やし、カテゴリや主力商品ページごとに対策を行うロングテールSEOを行うと良いでしょう。

一般に配布しているチラシ(クリックすると拡大します)
SEOのチラシ


ご依頼★業界実績15年 1歩先のSEOをプロデュース


ご質問はこちらからどうぞ!

全国対応いたしております。是非 ご活用下さい!!