seoとは

SEOについて

顧客収得のために店舗等のアピールなどを掲載したホームページを作成しても、数多くのサイトがある中、表示順位が100番目以降では、せっかく作ったホームページも、見てもらえるチャンスが少なくあまり意味がありません。
そのため、検索エンジンで検索される際に、自分のホームページができるだけ上位に表示されたいと誰もが願います。
しかし、その対策がひとつ間違うと危険を生じることがあります。

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」といいます。簡単に言えば、インターネットユーザーがYahooやGoogleなどの検索エンジンを使って貴社に関連するキーワードで検索をおこなった結果に、貴社のホームページを上位に表示させるための工夫をすることをSEOといい、そのための対策をSEO対策といいます。

危険なSEO対策について続きをご覧ください。

  • SEOとは?
    • SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」といいます。簡単に言えば、インターネットユーザーがYahooやGoogleなどの検索エンジンを使って貴社に関連するキーワードで検索をおこなった結果に、貴社のホームページを上位に表示させるための工夫をすることをSEOといい、そのための対策をSEO対策といいます。

  • SEO対策とは?
    • SEO対策について考えている人も今の時代は多いでしょう。SEO対策とは何なのか、ヤフーやグーグルなどの大手の検索エンジンで、自分のサイトをいかにキーワードで上位に表示させられるかどうかが、SEO対策にあたります。今の時代はインターネットショップを運営している人も多いですし、自分の会社の宣伝のためのホームページや、個人のブログ、サークルなど活動団体の紹介サイトなど、ほとんどが多くの人に見てもらいたいと思ってサイトを作っているでしょう。ですが、なかなかアクセスアップにつながらないと思っている人は多いと思います。ただ作って公開しているだけでは、サイトを見に来てくれる人など限られています。ですから、ご自分のサイトを多くの人に見てもらうためには、何らかのアクションを起こしていかなくてはなりません。そこで方法としてSEO対策があるのです。SEO対策をしっかりと行なうということはそれだけでアクセスアップにつながりますが、SEO対策については色々な知識が必要で、一つのことをやればそれだけで見に来てくれる人が増えるか、といえばそういう話でもありません。そして対策は日々変わっていますからそれに対していかに対応していけるのかという点についても日々勉強していかなければいけないのです。

  • スパムとは?
    • スパムとは、悪質な手法でWEBサイトを上位表示させる事を意味します。 例えば、背景色と文字色を同一色にして、上位表示させたいキーワードを無数にWEBサイト内にバラまいたり、相互リンクサイトからの被リンクを増やすなどです。現在のSEO会社でこのような手段を用いている所は稀でが、一部スパム認定されかねないグレーラインでの上位表示をされる業者も存在します。 当社にも「突然YahooやGoogleの検索結果にWEBサイトが表示されなくなった!」という相談も多く寄せられます。

  • 内部施策?
    • サイト内のキーワードとなる文字の位置やバランス、内部リンクなどサイト自体を改善する。

  • YahooやGoogleなどの検索エンジンのアルゴリズム?
    • YahooやGoogleなどの検索エンジンのアルゴリズム(動作原理)の詳細については、開発者以外には知る由がありません。
      しかし、基本的なものを以下のとおりと解明されています。
      【1】検索結果として表示されるホームページは、その検索語句に対するスコアの高い順になっています。
      【2】キーワードに対するスコアは
      a)テキストマッチ(そのページ内においてキーワードの使われ具合)
      b)リンクポピュラリティ(外部リンク元の数と質)の2つが大きな要因になっているといわれております。

  • ユーザーは表示順位のどこまで見るか?
    • インターネットユーザーは、検索結果の最初のページの上部から閲覧していきます。 検索結果は通常ごく一部しか見られることがありません。
      最初の1ページ(上位10位)までしか見ないユーザーが80%といわれています。
      最初に3ページ(上位30位)までしか見ないユーザーが95%といわれています。

  • ロングテールとは?
    • インターネット上での現象は、生起頻度の低い要素の合計が全体に対して無視できない割合を占めるという法則。少数の上位で全体の大半を占めるという、いわゆる「20:80の法則」に対するアンチテーゼで、ネット上での人々の行動の特徴を表す理論として注目されている。米WIRED誌の編集長だったChris Anderson(クリス・アンダーソン)氏が2004年10月に発表した「the Long Tail」という記事の中で提唱した法則。
      マーケティングなどの分野では伝統的に「上位2割の合計が全体の8割を占める」という経験則が知られてきた。これは「2割の顧客から8割の売り上げ」「2割の社員が8割働く」などの形でよく知られているが、オンラインショップの売り上げなどを調べると、少しずつしか売れない商品の売り上げをすべて合計すると無視できない割合になり、逆に売り上げ上位の少数の製品を合計しても大した割合にはならないことが分かった。
      この現象をグラフに描画し、縦軸に生起頻度(オンラインショップで言えば販売数量)を取り、横軸に頻度の高い順に要素を並べると、頻度の低い要素(あまり売れていない商品)の部分が横に長く伸びていることが分かる。これを動物の尻尾に見立て、「ロングテール」(long tail:長い尻尾)と名付けられた。物品の販売だけでなく、オンライン広告やWebページのアクセスなどでも見られる現象と言われている。

ご依頼★業界実績15年 1歩先のSEOをプロデュース


ご質問はこちらからどうぞ!

全国対応いたしております。是非 ご活用下さい!!


スポンサード リンク